愛深きゆえに堕つ 北斗の拳

名シーン|2021/04/19 posted.

南斗聖拳最強の男サウザー。彼は15歳の時ある事件をきっかけにして、愛をすて狂暴な男に変貌してしまいます。それは南斗鳳凰拳皆伝試験の時でした。お師さんに 目隠しをして襲い掛かる敵を倒せと命じられ、彼はその命に従って敵を切り裂きました。

するとそこに倒れていたのは、お師さんでした。元々孤児だったサウザーを拾ってくれ 実の親のように優しいお師さんをサウザーは心から愛していました。

この苦しみは失恋したことのある人なら誰でも共感できるのではないでしょうか。僕もふられた時は、もう二度と彼女なんかいるかー!!!なんて思ったり幸せそうなカップルを見たらダブルラリアットくらわせたろうか!!と心がすさんだこともありました。

そんな闇落ちした心を浄化してくれたのが、ケンシロウのあの名言でした。戦いに敗れたサウザーがケンシロウに最後に質問します。

この言葉には救われました。サウザーはお師さんとの素敵な時間をおもいだします。僕も元カノとの素敵な時間を思い出しました。(女々しいですね。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。